PC版Falloutブログ

Falloutシリーズ関連の雑記やMODの紹介など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Wasteland 2 一般スキル/知識スキル

Wasteland 2」の一般スキル/知識スキルの解説と個人的な雑感です。



■ Alarm Disarming
警報装置の解除スキルです。いくつかの扉やコンテナにはアラームが付いているので、これを発動させずに扉/コンテナを開ける際に使用します。個人的な印象ではさほど重要だとは思わないスキルですが、取っておけば役に立つ場面もそれなりにあります。

■ Computer Science
電子ロック付の金庫や扉を開けたりイベント関連のコンピュータをハッキング/修理したりと、結構使用する機会の多いスキルです。また、ロボット系の敵に使用する事で敵対を解除して味方に付ける事も可能です。

■ Demolitions
爆破トラップの解除スキルです。扉やコンテナに仕掛けてあるトラップや地雷の解除に使用します。使用する機会はかなり多いので、出来るだけこのスキルを取っておけば余計なダメージを回避出来る上に、解除毎に入る経験値によってレベルアップも少し早まります。

■ Field Medic
HP回復スキルです。このゲームの回復アイテム「Medipack」はこのスキルが無いと使用する事が出来ないので、最低でもパーティに1人は取っておくべきスキルです。なお、上位のメディパックを使用するためには一定量のスキル値が要求されます。スキルが高いほど1つのメディパックで回復出来る量も増えます。

■ Lockpicking
扉やコンテナに掛かっているロックを解除するスキルです。使用する機会はかなり多いので出来るだけ取っておいた方が良いです。一応、グレネード系の爆発物や「Brute Force」スキルでも対応可能な鍵も多いので必須というわけではありません。

■ Mechanical Repair
機械系のオブジェクトを修理する際に使用します。使用する機会が大抵はイベント関連だったり、一部のサブクエストを完了させるために必須だったりもするので、その辺を取りこぼしたくないならこのスキルも取っておいた方が良いです。また、「Lockpicking」スキル使用時にクリティカルミスが発生してしまってもこのスキルを使用する事で元の状態に戻す事が出来ます(1回だけ?)。

■ Safecracking
ダイヤル式の金庫を開ける際に使用するスキルです。多分それ以外の使い道は無くて、本当に金庫を開ける専用のスキルだと思います。ダイヤル式の金庫自体はゲーム中に結構ある上に「Lockpicking」と違って「Brute Force」スキルでの代用は出来ないので、金庫の中のアイテムを取り逃したくないならこのスキルも取っておいた方が良いです。

■ Surgeon
怪我や病気、重傷を負ったキャラクターを治療するのに必要なスキルです。このゲームでは致命傷を負ったキャラクターはこのスキル(+トラウマキット)で治療しないと時間経過で完全に死亡してしまうので、各種スキルの中でも特に重要な必須スキルだと言えると思います。他にも一部のイベントで必要になる事もあります。

■ Toaster Repair
ゲーム中にいくつか配置されている「壊れたトースター」を修理するために必要なスキルです。このトースターからは特殊なアイテムが手に入るので、それを特定のNPCに渡すと色々な報酬が貰えるようになっています。ただし、トースターから手に入れたアイテムを誰に渡せば良いのかはかなり分かりにくいので、ネタバレを見ないで進める場合は殆どのアイテムが無駄になってしまうかもしれません。



■ Animal Whisperer
動物を手懐けられるようになるスキルです。スキルの使用に成功すると対象の動物はパーティに同行するようになり、スキルを使用したキャラクターはその動物が同行している間ステータスにボーナスを得る事が出来ます。ただし、同行する動物はHPが極端に低い上に戦闘中に指示が出せないので結局はすぐに殺されてしまいます。使い捨てのステータスブーストとして割り切って使えるのならそれなりに役に立つかもしれません。

■ Brute Force
破壊可能な壁を壊したり、一部の鍵付き扉を強引にこじ開けられるスキルです。その他にもイベント関連などいくつか使用出来る場面があります。壁や扉に関しては爆発物でも代用出来るので重要度は低いんですが、個人的には結構好きなスキルなので毎回パーティの誰かに取らせています。

■ Barter
アイテムの売買時に値引きされるようになるスキルです。スキルレベル1に付き購入/売却金額に1%の値引きが適用されます(スキルMAXで10%)。パーティ内で最もBarterが高いキャラクターのスキルが適用されるので、2人以上がこのスキルを持っていても効果が重複したりはしません。個人的には全てのスキルの中で最も不要だと思うスキルです。

■ Hard Ass / Kiss Ass / Smart Ass
NPCとの会話時に出る事がある特別な選択肢を選べるようになるスキルです。「Hard Ass」は恫喝系の選択肢、「Kiss Ass」は相手をおだてたり情に訴える感じの選択肢、「Smart Ass」は知的な選択肢がそれぞれ選べるようになります。実際に自分で試した感じでは、「Kiss Ass」と「Smart Ass」はどちらもかなり有効な選択肢が選べるようになるんだけど、「Hard Ass」は役に立つのが半分ぐらいで、残りの半分は選択すると事態が悪化してしまうので選択しない方が良いというぐらいに使い勝手の悪いスキルでした。なお、いずれのスキルも要求値に達していないと選択肢を選ぶ事は出来ないので、取得する場合は進行に合わせてスキルレベルもちゃんと上げて行く必要があります。全体的に要求スキルは結構高かった印象なので、出来るだけ優先して上げて行った方が良いと思います。

■ Leadership
戦闘時に周囲のメンバーの命中率を上げるスキルです。また、コンパニオンNPCが勝手に行動するのを防ぐ効果もあります。リリース初期はスキル最大でも命中率10%の上昇でしたが、パッチによって修正されて現在はスキル10だと命中率は20%上昇するようになっています。このゲームの戦闘では命中率は凄く重要な要素となっていて、バースト射撃/ヘッドショット時の命中率ダウンやカバーに入っている敵に対しての命中率ダウンをフォローするためにも最大で20%の命中率アップは凄く役に立ちます。注意点としては、このスキルによる命中率アップはリーダー本人には効果が無いのと、スキル最大であっても敵の種類によってはコンパニオンの暴走を抑えられないという点です。なお、このスキルは「Leadership」スキルのキャラクターのカリスマ値が高いほど効果範囲も広がります。

■ Outdoorsman
ワールドマップ上でのランダムエンカウントを回避出来るようになるスキルです。また、ランダムエンカウントの戦闘のスタート時に良いポジションが得られるという効果もあるようです。ランダムエンカウントが発生するたびに戦闘していたら時間が掛かってしょうがないので、個人的にはこのスキルは必ず取るようにしています。

■ Perception
マップ内に隠されているものを発見するスキルです。コンテナや扉に仕掛けられたトラップや、地面に埋められたアイテム/地雷など、また隠し通路の入り口なども見付けられるようになります。ゲーム中通して役に立つスキルなので必ず取得しておいた方が良いと思います。

■ Weaponsmithing
いらない武器を分解して強化MODを手に入れたり、MODを武器に取り付け/取り外す際に必要となります。分解した武器は確率で「Broken Parts(壊れたパーツ)」になったりもしますが、この「Broken Parts」は前半のアリゾナマップには高値で買い取ってくれるNPCがいるので、アリゾナエリアで余った武器は全て分解するようにすればお金も貯まるし強化MODも手に入るので凄く役に立ちます。



 
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 19:49:38|
  2. Wasteland 2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wasteland 2 コンパニオンに関して | ホーム | Wasteland 2 武器スキルに関する個人的な雑感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://capitalwasteland.blog16.fc2.com/tb.php/215-c9e1c16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
MOD (112)
動画 (4)
雑記 (18)
Fallout 1 (10)
Fallout 2 (2)
Fallout: New Vegas (34)
目次 (2)
Wasteland 2 (13)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。