PC版Falloutブログ

Falloutシリーズ関連の雑記やMODの紹介など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Tim Cain インタビュー

前の記事に関連して、Tim Cain本人の最近のインタビューからの抜粋です。
原文は↓

http://www.gamasutra.com/blogs/WillOoi/20111026/8734/Unmasking_the_Gamers_Tim_Cain__Industry_Veteran_Programmer_and_CoCreator_of_Fallout.php



やあ、Mr. Cain、このインタビューシリーズに参加してくれてありがとう。そしてまず第一にObsidianへの参加おめでとう。今回の事に関してどのように感じていますか?またあなたとObsidianの将来の計画に対してどのような意味を持つのですか?
Obsidianで働く事を本当に楽しんでいます。ここに居る人間の多くがInterplayやTroika時代の同僚だという事は知っているし、私自身全てのObsidian製ゲームをプレイしました。なので、色んな面においてこの新たな仕事はこれまでで最も円滑に進みました。ここの皆はとてもフレンドリーで歓迎的だし、私もRPGゲームの空間に戻って来れた事について興奮しています。

しかし、私はObsidianの一時的な契約社員であるという事を説明しておかねばなりません。2012年の春からは別の会社に参加する事を考えていて、その事について彼らとは8月から話し合っています。なので、今の所は私はObsidianが開発中のゲームの一つでシニアプログラマーとして働いています。私の契約更新は2012年の3月なので、その時にはそれぞれ(私自身、Obsidian、そして別の会社)が次のステップについて決定する事になります。

シニアプログラマーという職は何に関連しているのか、そしてあなた自身が会社の階級層にどのようにフィットする事になるのかをもう少し詳しく教えて下さい。
私はシニアプログラマーとしてDan Spitzley(※Fallout2のプログラマー)と一緒にNew Yorkプロジェクトの開発に割り当てられました。。現在は戦闘や一般的なゲームプレイに関わる様々なコーディング作業を担当しています。このグループは他のメンバーからの設計に関する提案に凄くオープンで、彼らが毎週開く会議ではゲームプレイに関する変更や、新たなアビリティからUIからボイスオーバーに関してまで誰でも提案する事が出来ます。Obsidianの皆は彼らのゲームに対してとても情熱的で、そしてそれが彼らの開発プロセスのように見えます。

(中略/過去の仕事や私生活についてなど)

ObsidianでArcanumの続編を出す可能性はありますか?
可能性はあります。

(中略/過去の仕事や私生活についてなど)

あなたはFallout: New Vegasの開発が終了した直後にObsidianに加入しました。このゲームについてどう思っていますか?また、元々のあなたの展望から見てこのシリーズの進化についてのあなたの意見は?
私はFallout: New Vegasが本当に好きでした。個人的にはオリジナルゲーム以降の中では最もFalloutらしいゲームだと思います。特にユーモア的な部分でです。そしてObsidianのデザイナー達はこのシリーズを本当に理解していて尊重もしていると思います。また、ゲームが様々な面で拡張された事も気に入っています。3Dでのプレイ、リアルタイム戦闘、そしてこの世界の新たなエリアへの突入です。これらの拡張要素はこのIPの価値を高め、また新たなプレイヤー層を引き込む事になります。

Fallout: New Vegasはポストアポカリプス世界の更に後の人類を描きましたが、長期的に見てこのシリーズが努力すべきなのは何なのかあなた個人の意見は何かありますか?また、今後のシリーズが更なる未来を描く事になるとFallout分は少なくなってしまうのでしょうか?
私はFalloutシリーズにおいて舞台にするに合ったエリアが沢山存在していると思います。そしてそのような地域の探索がFallout分を少なくする事になるとは思っていません。その本質がオリジナルに忠実である限り、IPが拡張されるというのは常に良い事です。その本質とは探索(外の世界と内部の両方)、グレーな部分の調査(何故なら重要なアイデアは本当に白黒だからです)、そしてダークなシチュエーションにおけるユーモアを見つける事で成り立っています。私は最近のインタビューで著作権の拡張を廃止する派(?)だと言いました。28年というのは作者が自分の作品からお金を得るには十二分な時間であると感じています。その後は、人々が他のアーチストの作品を研究して、オリジナルの作者が考えなかったような方法でそれらの作品を拡張しようとするように奨励したいです。これには酷い製品が作られてしまうというリスクもありますが、しかしそれは点在するダイアモンドの原石に輝きを持たせるために我々が冒さねばならないリスクなのです。

シリーズのファン達はCain-Sawyer-Avelloneの関与する将来のFalloutタイトルを期待して少し興奮しているかもしれません。たとえそれが時期尚早であったとしても、そしてもちろんベセスダがObsidianに将来別のゲームを外注したとしてです。
上でも言ったように、可能性はあります。
 
スポンサーサイト
  1. 2011/10/26(水) 21:43:46|
  2. Fallout: New Vegas
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<New Vegas 本編ではカットになってしまった要素 | ホーム | Falloutシリーズの生みの親"Tim Cain"がObsidian Entertainmentに入社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://capitalwasteland.blog16.fc2.com/tb.php/202-c36dac2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/26(月) 15:30:51 |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
MOD (112)
動画 (4)
雑記 (18)
Fallout 1 (10)
Fallout 2 (2)
Fallout: New Vegas (34)
目次 (2)
Wasteland 2 (13)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。