PC版Falloutブログ

Falloutシリーズ関連の雑記やMODの紹介など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

New Vegas 本編ではカットになってしまった要素

久しぶりに少し更新です。
ちょっと前にNMAに上げられていた「New Vegasの没マテリアル」についての話題を翻訳してみました。
原文は↓

http://www.nma-fallout.com/forum/viewtopic.php?t=63796



我々はとある信頼出来る情報元からFallout: New Vegasのカットされた要素に関する情報を受け取りました。
これら全てが本当であると信じるだけの正当な理由があるのであれば、我々はこれらの情報(特にいくつかは興味深い情報を含んでいる)を共有した方が良いと考えたのです。

* 既に知られているように、ストリップ地区とフリーサイドは元々細切れではなく1つのワールドスペースであるはずでした。これを家庭用ゲーム機やローエンドPCでも動かせるように彼らは変更したのです。しかし、他のいくつかのエリアは明らかにこの影響を受けました:本来、「Crimson Caravan Company」「North Vegas」「Westside」「Aerotech Park」「Fiendのテリトリー」は全てメインのワールドスペース上の一部で、ロードスクリーンで分割されたエリアではありませんでした。彼らはそのような形のまま家庭用ゲーム機で動かそうと試みましたが良い結果は得られず、結局はそれぞれに孤立したワールドスペースを作ることになったのです。

* いくつかのローカライズ版で「Wolfhorn Ranch」が「Ulysess ' camp」と呼ばれていた事から一部の人達が推量していたように、コンパニオンとしてのユリシーズはそこで仲間に出来るはずでした。このバージョンのユリシーズはLegionへの忠誠についてオープンではなく、むしろゲーム中の様々な場所やイベント中のコメントによって穏やかにプレイヤーをLegion賛成派へと導こうとします。ユリシーズが彼自身のLegionへの信仰を公然と認めるのはプレイヤーがLegionに所属している時だけです。

* 以前のFallout WIKIに"NCRの「Drill Sergeant」が死んだ際にNPC達から喝采が起こる"という注釈があったのを覚えているかもしれません。実際にはこのような事は起こらないのでNukapediaの方のページでは削除されています(「Vault」と「Nukapedia」に分裂する前に削除されたものだと思われるので、「Vault」の方にもこの記述はありません)。この事から、開発中のある時期にこのアイデアが存在していて、実際に実装もされたけど後に破棄されたものであると確証が出来ます。

* 「Black Mountain」はそこにある衛星システムの支配権をめぐるNCR/Legionの紛争地点として大きな役割を持つはずでした(NCRは彼らの放送地域を拡大するために、Legionは電波妨害システムとして)。ゲームファイルの一つを掘り起こすと、そのエリアの以前のデザインに関連する「衛星アンテナを吹き飛ばす」クエストのいくつかのリファレンスを今でも見付ける事が出来ます。

* Mr. Houseの秘書としてJaneと対になるはずだった「The Securitron Marylin」は、会話文欠落部分の再録音が出来なかった事からカットされることになりました。他にもいくつかのNPCが会話時の"goodbye”に該当する部分が"..." になるという似た様な問題を持っています。

* 「地下通路」エリアに関するリファレンスがゲーム内にあります。このカットされたエリアは特に意味を持った物ではなく、バラモン牧場周辺に配置されていました。「New Vegas Clinic」の北、ワールドマップの北端で(本来なら)見付けられたはずです。

* フーバーダムでのラストバトル後のゲームプレイがカットになった為、多くの作業が破棄される事になりました。この中にはOperation Racketを成功させた後の結果として、Omertasに協力してストリップ地区を支配するというオプションも含まれていました。

* 開発中のある段階ではフィーンドに協力する事が可能でした。これは「Three-Card Bounty」クエストのカットされた会話文で説明されています。フィーンド達がキャンプマッカランを襲撃(いくつかのエンディングスライドで触れられている)するのを認めると、エンディング後のゲームプレイではその結果を目撃する事が出来るはずでした。

* Quarry Junctionにあるパウダーギャングの死体(Hawkins)は、実際には生きた状態で岩処理マシンの一つの上にいるはずでした。彼は「デスクローの蔓延る場所から彼を救出する」クエストに関わる人物で(報酬は単にいくらかのお金)、彼との会話で彼はパウダーギャングの活動に関して知らない振りをしますが、Chomps Lewisと話す事でその会話オプションが引き出せるようになります。これがカットされた理由としては、このエリアは開発が進められるうちに高レベルキャラクター向けのエリアとなって行き、このような小さなクエストは重要ではなくなってしまったからだと思われます。

* オリジナルの設計ではフリーサイドエリアは23時~夜明けまでの間電力が失われるという設定で、Followersが夜間も活動出来るどうかを左右する事から、電力の供給先の選択がより意義のあるものになるはずでした。

* 開発中のある段階では「Felicia」という名の商人が存在していて、彼女はサルサパリラのスターキャップと引き換えにステルスボーイ/ミニニューク/エナジーセルなどのアイテムを提供してくれることになっていました。



その他のカットされた要素に関しては英WIKIにまとめられています。

http://fallout.wikia.com/wiki/Fallout:_New_Vegas_cut_content

製品版ではカットされてしまった要素というのは「Fallout 1/2」でも色々とあったんだけど、そちらは有志による「Restoration Project」でほとんどが再現されています。New Vegasに関してもいくつかの要素は個々のユーザーMODで再現されてたりするみたいなんですが、「Restoration Project」のような本格的なものは無いみたいです。
 
スポンサーサイト
  1. 2013/07/07(日) 13:59:12|
  2. Fallout: New Vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tim Cain インタビュー

前の記事に関連して、Tim Cain本人の最近のインタビューからの抜粋です。
原文は↓

http://www.gamasutra.com/blogs/WillOoi/20111026/8734/Unmasking_the_Gamers_Tim_Cain__Industry_Veteran_Programmer_and_CoCreator_of_Fallout.php



やあ、Mr. Cain、このインタビューシリーズに参加してくれてありがとう。そしてまず第一にObsidianへの参加おめでとう。今回の事に関してどのように感じていますか?またあなたとObsidianの将来の計画に対してどのような意味を持つのですか?
Obsidianで働く事を本当に楽しんでいます。ここに居る人間の多くがInterplayやTroika時代の同僚だという事は知っているし、私自身全てのObsidian製ゲームをプレイしました。なので、色んな面においてこの新たな仕事はこれまでで最も円滑に進みました。ここの皆はとてもフレンドリーで歓迎的だし、私もRPGゲームの空間に戻って来れた事について興奮しています。

しかし、私はObsidianの一時的な契約社員であるという事を説明しておかねばなりません。2012年の春からは別の会社に参加する事を考えていて、その事について彼らとは8月から話し合っています。なので、今の所は私はObsidianが開発中のゲームの一つでシニアプログラマーとして働いています。私の契約更新は2012年の3月なので、その時にはそれぞれ(私自身、Obsidian、そして別の会社)が次のステップについて決定する事になります。

シニアプログラマーという職は何に関連しているのか、そしてあなた自身が会社の階級層にどのようにフィットする事になるのかをもう少し詳しく教えて下さい。
私はシニアプログラマーとしてDan Spitzley(※Fallout2のプログラマー)と一緒にNew Yorkプロジェクトの開発に割り当てられました。。現在は戦闘や一般的なゲームプレイに関わる様々なコーディング作業を担当しています。このグループは他のメンバーからの設計に関する提案に凄くオープンで、彼らが毎週開く会議ではゲームプレイに関する変更や、新たなアビリティからUIからボイスオーバーに関してまで誰でも提案する事が出来ます。Obsidianの皆は彼らのゲームに対してとても情熱的で、そしてそれが彼らの開発プロセスのように見えます。

(中略/過去の仕事や私生活についてなど)

ObsidianでArcanumの続編を出す可能性はありますか?
可能性はあります。

(中略/過去の仕事や私生活についてなど)

あなたはFallout: New Vegasの開発が終了した直後にObsidianに加入しました。このゲームについてどう思っていますか?また、元々のあなたの展望から見てこのシリーズの進化についてのあなたの意見は?
私はFallout: New Vegasが本当に好きでした。個人的にはオリジナルゲーム以降の中では最もFalloutらしいゲームだと思います。特にユーモア的な部分でです。そしてObsidianのデザイナー達はこのシリーズを本当に理解していて尊重もしていると思います。また、ゲームが様々な面で拡張された事も気に入っています。3Dでのプレイ、リアルタイム戦闘、そしてこの世界の新たなエリアへの突入です。これらの拡張要素はこのIPの価値を高め、また新たなプレイヤー層を引き込む事になります。

Fallout: New Vegasはポストアポカリプス世界の更に後の人類を描きましたが、長期的に見てこのシリーズが努力すべきなのは何なのかあなた個人の意見は何かありますか?また、今後のシリーズが更なる未来を描く事になるとFallout分は少なくなってしまうのでしょうか?
私はFalloutシリーズにおいて舞台にするに合ったエリアが沢山存在していると思います。そしてそのような地域の探索がFallout分を少なくする事になるとは思っていません。その本質がオリジナルに忠実である限り、IPが拡張されるというのは常に良い事です。その本質とは探索(外の世界と内部の両方)、グレーな部分の調査(何故なら重要なアイデアは本当に白黒だからです)、そしてダークなシチュエーションにおけるユーモアを見つける事で成り立っています。私は最近のインタビューで著作権の拡張を廃止する派(?)だと言いました。28年というのは作者が自分の作品からお金を得るには十二分な時間であると感じています。その後は、人々が他のアーチストの作品を研究して、オリジナルの作者が考えなかったような方法でそれらの作品を拡張しようとするように奨励したいです。これには酷い製品が作られてしまうというリスクもありますが、しかしそれは点在するダイアモンドの原石に輝きを持たせるために我々が冒さねばならないリスクなのです。

シリーズのファン達はCain-Sawyer-Avelloneの関与する将来のFalloutタイトルを期待して少し興奮しているかもしれません。たとえそれが時期尚早であったとしても、そしてもちろんベセスダがObsidianに将来別のゲームを外注したとしてです。
上でも言ったように、可能性はあります。
 
  1. 2011/10/26(水) 21:43:46|
  2. Fallout: New Vegas
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

DLC「Gun Runners’ Arsenal」「Courier’s Stash」がリリース

Fallout New Vegas用の最後のDLCとなる「Gun Runners' Arsenal」と「Courier's Stash」がリリースされました。

http://store.steampowered.com/dlc/22380/

Courier's Stashの方は予約特典として貰えた4つのDLCをまとめた物です。値段は1.99ドル。DLCを導入してゲームを起動すると、4つの予約特典が自動的にインベントリに入れられます。

classic_pack.jpg
「クラシックパック」のVault13アーマードスーツ&使い込んだ10mmピストル

Gun Runners' Arsenalの方は27の新武器/40種類の既存武器用のMOD/18のクラフト用新レシピ/新弾薬などが追加されるDLCです。値段は3.99ドル。
新たに追加される武器やMODは、DLCを導入するとガンランナーやその他のベンダーからランダムで売り出される事になります。

追加される武器のスクリーンショット&解説は以下(英語):

http://www.bethblog.com/index.php/2011/09/22/two-tickets-to-the-gun-show/
http://www.bethblog.com/index.php/2011/09/24/more-of-the-gun-runners-arsenal/
http://www.bethblog.com/index.php/2011/09/25/gun-runners-arsenal-preview-part-3/
http://www.bethblog.com/index.php/2011/09/26/bring-the-boom-with-gun-runners-arsenal/
http://www.bethblog.com/index.php/2011/09/27/gun-runners-arsenal-couriers-stash-available-today/

GRA_1.jpg
GRA_2.jpg



まあ正直言ってどちらのDLCもPC版ユーザーからするとあまり魅力を感じないとは思いますが、値段も安い事だしNew Vegasが好きなら一応は買っておいても良いんじゃないでしょうか。個人的には武器の種類に関しては本編に登場する分だけでも十分なんですが、対物ライフルにMODが付けられるようになるのは結構嬉しいですね。
 
  1. 2011/09/28(水) 22:33:57|
  2. Fallout: New Vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DLC第4弾 Lonesome Road リリース

Fallout New VegasのDLC第4弾「Lonesome Road」がリリースとなりました。ストーリー追加のDLCはこれが最後となっていて、あとは来週に武器追加系DLCがリリースされる予定です。

http://store.steampowered.com/app/72760/

自分でもすでに購入して3時間程度プレイしました。今の所のゲーム性は一本道を淡々と進んでいくDead Moneyに近い感じの内容で、戦闘&アイテムルート要素が多目でNew VegasよりもFallout3っぽいプレイ感覚です。今回のDLCの舞台となっている「Divide」(へと続く道)の荒廃ぶりも何となくFallout3を思い起こさせられます。
今回はレベル36のキャラクター(武器スキルはGunsが100でExplosiveが25、その他は初期値)でプレイを始めたんですが、戦闘に関しては結構厳しい感じですね。人型の敵はバニラの最上位武器(ブラッシュガン/対物ライフルなど)や新武器を使ってくるし、新しく追加された新クリーチャーも中々強いです。まあ回復系アイテムは沢山持って来ているので、今の所はひたすら回復しまくりながらゴリ押しで進んでいます。
今年に入ってから順調にリリースされ続けて来たNew VegasのDLCですが、今回のDLCで最後という事で何か感慨深いものがありますね。DLC自体の雰囲気も何となく最後に相応しい感じがしてます。

LR_1.jpg
LR_2.jpg
LR_3.jpg
LR_4.jpg
LR_5.jpg
 
  1. 2011/09/22(木) 21:58:53|
  2. Fallout: New Vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4弾DLC「Lonesome Road」の配信日が決定

ベセスダブログより、第4弾DLC「Lonesome Road」の配信日決定と新たに2つのDLCの告知がありました。
以下記事の内容の和訳です。

http://www.bethblog.com/index.php/2011/08/25/lonesome-road-coming-september-20th-couriers-stash-and-gun-runners-arsenal-one-week-later/



The Courier(運び屋)の旅もこの9月で終わりを迎えます。

我々は、Fallout: New Vegasの4つ目の追加パック「Lonesome Road」がXbox LIVE/PlayStation Network/Steamから9月20日にダウンロード可能になるという事を発表出来る事に興奮しています。

Lonesome Roadにおいて、あなたはFallout: New Vegasの開始時にプラチナチップの配達を拒んだ「Ulysses」という名の本来のCourier Sixから接触される事になります。Ulyssesはもしあなたが嵐の吹き荒れる峡谷「Divide」へと最後の旅に出向くなら、何故彼が配達を拒んだのかその理由を教えると約束します。この任務を引き受けるか否かはあなた次第です。

しかし待って下さい!まだ他にもあるんです!!

本日我々は2つの追加DLCパックである「Courier's Stash」と「Gun Runners' Arsenal」が9月27日からダウンロード可能になるという事を発表します。

「Courier's Stash」(Xbox LIVEで160MSP、PlayStation Network/Steamで1.99ドル)はFallout: New Vegasの予約特典として同梱されていた4つのコンテンツにアクセス出来るようになります。「Caravan Pack」「Classic Pack」「Mercenary Pack」「Tribal Pack」それぞれによって提供されるユニーク武器/防具、そしてエイド品があなたの旅の助けとなってくれるでしょう。

「Gun Runners' Arsenal」(Xbox LIVEで320MSP、PlayStation Network/Steamで3.99ドル)では沢山のユニーク武器/武器MOD/弾薬タイプ/レシピがMojave Wasteland中であなたに発見されるのを待っています。

追加されるユニーク武器には強力な5.56mmライトマシンガンである「Bozar」やPlasma Casterの変種「Smitty Special」、「MFC Cluster地雷」、ユニークミニニュークランチャーの「Esther」、そしてヌカコーラの看板から作られた近接武器「Nuka Breaker」等があります。この「Gun Runners' Arsenal」によって追加されるアイテムの総数は、新武器が27種類/既存武器用の新たな武器MODが40種類/新たなレシピが18種類/新弾薬タイプが29種類(12 Ga. Dragon's Breath , Hive Missiles , and 25 mm / 40 mm Plasma Grenadesが含まれる)となっています。また、「Gun Runners' Arsenal」では20以上の新しいchallengesも追加されます。

Gun_Runners_Arsenal.jpg



↓はSteamの実績欄に追加されている「Gun Runners' Arsenal」の実績

new_archivement.jpg
  
  1. 2011/08/26(金) 19:41:25|
  2. Fallout: New Vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
MOD (112)
動画 (4)
雑記 (18)
Fallout 1 (10)
Fallout 2 (2)
Fallout: New Vegas (34)
目次 (2)
Wasteland 2 (13)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。